1. TOP
  2. イベントレポート
  3. 『ビニ傘無駄買い縁切り祈願法要』を開催しました

『ビニ傘無駄買い縁切り祈願法要』を開催しました

 2021/11/10 イベントレポート
この記事は約 3 分で読めます。

 10月は気象庁のデータによると、東京では過去10年で最も雨量の多い月です。2021年10月は例年よりは雨が少ない月でしたが、時折激しく天気が変わることもありました。

 そんなわけで今回は本光寺にて、『ビニ傘無駄買い縁切り祈願法要』を開催しました。

ビニ傘無駄買い縁切り祈願法要

 当日は住職の挨拶と法話からスタートしました。ビニール傘を取り巻く問題は目立ちませんが、深刻さを増しています。まずは何よりもゴミ問題です。日本で消費されている傘のうち6割以上はビニール傘です。それだけ便利とも言えますが、使い捨てやそれに近い状態になっているものも少なくありません。

 またビニール傘は材質がバラバラだったり鉄とプラスチックの分別が難しく、リサイクルにも適していません。そしてこれまで海外に運んで処分されるものも多くありましたが、近年になって中国やマレーシアなどでプラスチックごみの輸入規制が行われるようになりました。

 さらにそんなグローバルな視点で見なくても、ついつい無駄に買ってしまうことは心の問題でもあります。自分にとって必要なものと不要なものの整理ができていれば、購入頻度はゼロとまではいかなくても大きく減らせます。

 シンプルな生活は仏様が教えていることでもあります。コロナによって生活も大きく変わった今、自分の首を絞めるような無駄を見直してみませんかというお話が語られました。

尾藤住職の法話

 そしていよいよ、法要です。本光寺の本堂に、住職が読むお経の声が響き渡ります。神聖な場に身を置くことは、普段の日常とはちょっと異なる心持ちになります。仏様や縁切りの神様に見守られる中、忙しい日々の生活では見過ごしていたことに考えが及ぶことも、大きな意味があるでしょう。

 そして今回、自分では買わないけど、親がビニール傘を何十本も家にため込んでいて大変だという方がお参りに来られていました。置いておくだけでもスペースをたくさん取りますし、処分するにも量が多いと手間がかかります。

 こうしたものは心の引っかかりになってしまいますし、今回の法要がビニール傘との縁切りにつながるなら何よりなことですね。自宅のビニ傘問題を改めて考えるきっかけになったと仰られていました。

\ SNSでシェアしよう! /

千葉縁切り寺・本光寺の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

千葉縁切り寺・本光寺の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ほーりー

ほーりー

宿坊研究会代表。主催する婚活イベント『寺社コン』で400人以上を結婚に導きながら、恋愛の心理学や統計情報も研究して婚活講師として活動中。多くの方の恋愛相談に乗る中で、悪い出会いや終わった恋との縁の切り方も広く伝えている。

関連記事

  • 『ぼっち休日活用祈願法要』を開催しました

  • 衝動買い抑制祈願法要を開催! お得に飛びつく自分と縁切りです

  • 『休日出勤回避祈願法要』を開催しました!

  • 副流煙根絶祈願法要を開催しました!

  • コロナウイルス心スイッチ祈願法要を行いました

  • 『ボーナスカット食い止め祈願法要』を開催しました