1. TOP
  2. 縁切り寺コラム
  3. やめたいことをやめられない人が、誘惑を断ち切る方法

やめたいことをやめられない人が、誘惑を断ち切る方法

縁切り寺コラム
この記事は約 5 分で読めます。

悪いものと縁を切りたい!…けど、やめたいのにやめられない…、どうしても誘惑に負けてしまう…という人は多いと思います。やめたいことをやめられない人が誘惑を断ち切る方法を、縁切寺のzyusyokuがお教えいたします。

四菩薩

誘惑に負けるというと、カテゴリーとしては、ダイエットやギャンブル、禁煙、薬物などが思いつきます。

ダイエット、ギャンブル、禁煙、薬物は、それぞれ対処方法が違います。

順に説明していきましょう。

まずは、ダイエット。
食べ過ぎをやめたいけれどやめられない、食べるという誘惑に負けてしまうわけです。
人間には三大欲求があり、食欲は大切な欲望です。
食べなければ死んでしまいます。
食べ過ぎるならば、その分のカロリーを運動などで消費すればいいでしょう。
ダイエットの成功とは何でしょうか。
目標体重に到達しても、その後も、その体重を維持しなければ、ダイエットの成功とは言えません。
逆に、目標体重に到達しても、リバウンドして、元の体重以上に太ってしまう人もいるようです。
最初から、ダイエットと意識することなく、食事の量も減らすことなく、カロリー消費に重きを置いた生活を心掛けることが重要です。
糖尿病などの病気により食事制限したり、または病気を予防することが目的でダイエットするならば、医師や専門家のアドバイスに従うべきです。

お寺の草花

次に、ギャンブル。
身近なところで、毎日行けるパチンコやパチスロ。
年齢も若者から年金受給者まで幅広いです。
ギャンブル依存症などという心の病気もありますが、
ギャンブルをやめたいと願う理由は何なんでしょうか。
・お金を無駄遣いするから、やめたい。ありそうな理由です。
・時間がもったいないから、やめたい。ここまで考える人は最初からパチンコ店にはいかないでしょうね。
・他の有意義な遊びで楽しみたいから、やめたい。これも同様でパチンコ店に最初から行きませんね。
・音がうるさいから、そんな場所には行きたくない。これも同様。
・タバコの臭いで服が臭くなるから、行きたくない。これも同様。
つまり、お金がもったいないから、ギャンブルをやめたいわけです。
でも、お金を増やしたいから、お金を掛けているから、お金が増えたときに爆発的にうれしいのです。
なおかつ、パチンコやパチスロを打っているときにワクワクさせる演出もやみつきになるのかもしれません。
この誘惑から解き放たれるには、時間が必要です。
体にも、心にも、脳みそにも、激しい快感やワクワク感が染みついています。
その感覚を鈍らせる必要があります。
それには、最低100日間は、生活環境を変える必要があります。
100日間たてば、実際に自分でもパチンコやパチスロの悪い部分が明確に見えてくるはずです。
・お金がもったいない
・時間がもったいない
・音がうるさい
・タバコ臭くなる
これらを認識しても、さらにパチンコやパチスロに行くのであれば、それは明確にギャンブル依存症です。
専門の医療機関で診てもらったほうがいいでしょう。

お寺の草花

次に、禁煙。
これもダイエットに似ているかもしれません。
タバコをやめたいと決意しているということは、タバコの健康被害や、「百害あって一利なし」ということは理解しているはずです。
頭ではわかっていても体がニコチンを欲しているので、また、吸ってしまうわけです。
しかし、最近は、社会全体が禁煙社会になりつつあります。外国はもちろん、日本でもそうです。本光寺も2018年から全面禁煙になりました。
自分を取り巻く環境が変化しているので、禁煙は達成しやすくなっていると思います。
・歯が黄色くならない
・服が臭くならない
・息も臭くならない
・健康的になる
・無駄な出費もなくなる
・人に迷惑をかけなくて済む
タバコは大人の仲間入りを意識して吸い始める人も多いと思います。
昨今の環境変化の波にのり、禁煙を成功させましょう。

お寺の草花

最後に、薬物。
タバコの延長線上にあるのかもしれません。
しかし、タバコ以上に手に入りずらいですし、費用も掛かるでしょう。
そもそも、薬物が手に入る環境にいること自体から変えなければならないでしょう。
つまり、仕事環境、人間関係を変えましょう。
それには相当な労力が必要です。
今までの人間関係を断ち切るために電話番号を変えたり、電話帳を一斉消去することも必要になるかもしれません。
住まいも変えなければならないかもしれません。
しかし、人間は弱い存在です。自分一人ではどうしようもできないこともあります。
そういう場合は、専門の施設に入所して、同じ志を持っている人たちと気持ちを共有しながら薬物と戦うことも大切でしょう。

縁切りの神様

誘惑、それは自分との闘いです。
もう一人の自分と闘っている姿をイメージしてください。

毎日、毎時、負けないように、応援しましょう。

そして、寝る前に、負けなかった自分を褒めてあげましょう。

この繰り返しです。

人間は弱い存在です。

その弱い存在が強くなるには、「信じる」ということが必要になります。

縁切りの神様にすがっていれば、きっと助けてくれる、という「信」です。

あなたは一人ではありません。

そばに縁切りの神様が見守ってくれていますよ。安心してください。

\ SNSでシェアしよう! /

縁切寺本光寺の注目記事を受け取ろう

四菩薩

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

縁切寺本光寺の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

zyusyoku

zyusyoku

縁切寺本光寺住職。正式名称『日蓮宗 法華道場 光胤山本光寺』の第35代目の住職です。20歳で住職になり、遠寿院(おんじゅいん)大荒行堂で寒400日の修行を終える。プライベートでは2男3女の父親。毎朝、朝のお祈りで、縁切りの読み上げ祈願を行い、皆さまの悪縁によるストレスやフラストレーションの軽減に寄り添っている。

関連記事

  • 縁切りのご祈祷をしているとき、住職は何を考えているか

  • 友達がいない人生を積極的に肯定する方法

  • 仕事でたまる一方の書類と明日から縁を切るコツ

  • お酒で何度も失敗している人に、おすすめする縁切り方法

  • リセットしたい友人関係で悩んだ時に、神様仏様に相談すること

  • ストレスフリーな生き方を作るうえで、縁切りのお寺が役に立つこと