1. TOP
  2. 縁切り寺コラム
  3. 子育てで怒りたくないのにいつも怒ってしまう時に落ち着く3つの方法!

子育てで怒りたくないのにいつも怒ってしまう時に落ち着く3つの方法!

 2019/09/04 縁切り寺コラム
この記事は約 5 分で読めます。

2018年3月に東京都目黒区で当時5歳の女児が虐待死しました。2019年1月に千葉県野田市立小4年の女児が死亡しました。これらの痛ましい事件では、父親が「しつけ」名目で日常的に暴力を振るっていました。皆さんのご記憶にも鮮明に残っていると思います。

政府は、児童虐待防止法と児童福祉法の改正を閣議決定し、2020年4月の施行を目指します。児童虐待防止法の改正案は、 親権者らによるしつけの際の体罰を禁じます。

NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク発行のグラフがありますのでご紹介します。 グラフによると、虐待死した子どもの年齢は0歳が多く、主な加害者は実母です。また、児童相談所における相談内容は心理的虐待が多いです。

発行:NPO法人 児童虐待防止全国ネットワーク
(厚生労働省報告より作成)

子育てで怒りたくないのにいつも怒ってしまう時に落ち着く3つの方法!

継続は美徳です。しかし、本光寺縁切寺プロジェクトでは、「終わらせることを躊躇しない」、「やめることに罪悪感を持たないこと」を提唱しています。簡単に言うと、「終わらせること」、「やめること」が次につながるのです。あなたの新しい将来、輝かしい未来を切り開いていくのです。

子どもを自分の思い通りにするのはやめよう

まず第一に、子どもに対する意識を変えましょう。あなたは子どもを自分の思い通りにしようとしていませんか。子どもは無邪気です。素直で悪気がありません。しかし、子どもは親の意に反したことばかりします。やってもらいたくないことばかりします。子どもには罪がないとわかっていても、子どもが愛おしいと想っていても、子育てでかかえこんだストレスがもとで感情的になってしまう・・・親はかわいそうな存在なのです。そこで第一の提案です。子どもに対する意識を変えてみましょう。子どもは自分の思い通りにはならないと諦めましょう。逆に子どもがどのような行動をするのか、楽しんでみてはいかがでしょうか。あなたのDNAを持った子どもです。あなたの子どもの頃と同じことをするかもしれません。子どもの新しい発見があるかもしれません。

子ども以外に発散しましょう

みんな、都合よく意識を変えることができるわけではありません。どうしても意識を変えられない人もいると思います。そんなときは、発散しましょう。発散の方法もいろいろあります。例えば、枕を口にあて、大声で今のつらい気持ちを吐き出す、という方法。または、風船に苦しい感情を書いて、その風船を割る、という方法。本光寺でやっている「かわらけ割り」も一つの方法です。もやもやした気持ちを内に秘めているのではなく、外に解放しなければなりません。自分だけのスッキリする方法を見つけ出しましょう。

鈍感力を鍛える

聞かざる、言わざる、と聞いたことがあるでしょう。仏教では、目と耳と口は罪をつくる場所と言われています。目で見て子どもの行動を否定し、耳で聞いてうるさいと判断し、口で感情的に物を言って、罪を作るのです。目で見たり、耳で聞いたり、口で言うという行為を慎み、鈍感になることも大事です。しかし、実際は目で見てしまう、耳で聞いてしまう、口で言ってしまうのです。目で見えたと確認しても、「見ざる」に徹するようにしてください。耳で聞こえたとしても、「聞こえなかった」とあえて鈍感になってください。口で言いたくても、「言わない」と口にチャックをしてください。

ということで、、、最強の縁切り方法

つまり、子育てで怒りたくなった時、あなたの心を守るために、子どもを自分の思い通りにするのをやめて、子ども以外にストレスを発散して、鈍感力を発揮させてください。あなたの今までの子どもに対する過剰な意識を「終わらせること」「やめること」が重要です。

しかしながら、そう簡単にはいかないと思います。そこで縁切寺本光寺の最強の縁切り方法をお伝えします。

個別祈願(お布施20,000円~)

本堂で<個別>で祈願します。終了後、お守り、お札を授与します。

合同祈願(お布施10,000円~)

本堂で<合同>で祈願します。終了後、お守り、お札を授与します。

※縁を切りたいと思っている相手(対象)は合同祈願中に読み上げますのでご注意ください。
※土日の「大安」の午後2時に合同祈願を行います。
※土日の「大安」がない場合、土日の「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」の午後2時に合同祈願を行います。
※7歳未満のお子様は16歳以上の保護者と同席をお願いします。

読み上げ祈願(お布施5,000円~)

申込受付後の翌日から毎朝、住職が本堂でお経を読む時に読み上げ祈願します。1回だけの祈願ではなく、長期間にわたって祈願しますので、在宅しながら丁寧な祈願ができます。

※縁を切りたいと思っている相手(対象)などの個人情報は祈願中に読み上げますのでご注意ください。
※御守御札は付きません。

代理祈願(お布施5,000円~)

申込受付後の翌日の朝、または希望日の朝、住職が本堂でお経を読む時に祈願します。後日、希望する日時に、お守り、お札を取りに来てください。なお、郵送も可能です。

※縁を切りたいと思っている相手(対象)などの個人情報は祈願中に読み上げますのでご注意ください。
※ご遠方で、 お守りお札を配送希望の方は代行祈祷をお申し込みください。

お申込み方法(インターネット完全予約制)

会員登録(仮登録→本登録) → ② 縁切り祈願ページ → ③ お申込みフォーム → ④ 予約完了

\ SNSでシェアしよう! /

縁切寺本光寺の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

縁切寺本光寺の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

zyusyoku

zyusyoku

縁切寺本光寺住職。正式名称『日蓮宗 法華道場 光胤山本光寺』の第35代目の住職です。20歳で住職になり、遠寿院(おんじゅいん)大荒行堂で寒400日の修行を終える。プライベートでは2男3女の父親。毎朝、朝のお祈りで、縁切りの読み上げ祈願を行い、皆さまの悪縁によるストレスやフラストレーションの軽減に寄り添っている。

関連記事

  • 上司が嫌いでストレスが溜まった時に、心の中だけで縁を切る方法

  • 縁切り祈願をお寺でした後、家に帰って行うべきこと

  • ギャンブルをやめたい人に、おすすめする縁切り方法

  • 縁切りをポジティブなものにする意味

  • 縁切りの苦手な社会が失う4つの力

  • 上司が嫌いで限界が来た時に、神様仏様にお願いすること